僕が今更iPad Pro2018年モデルを買った理由とPro・Air4との比較

Apple

こんにちは!ぬまです。

つい先日iPadを買ったのでせっかくなのでレビューしてみたいと思って、この記事を書いてみました。

 

僕が買ったiPadですが、2018年モデルのiPad Proです!

新型じゃなくて、ちょっと古いモデルなのですが、これにはちゃんと理由があって買いました。

 

今回は、何故2018年モデルのiPad Proにしたのかを中心に書いていきたいと思うので、僕がiPadを選んだ一つの意見として見ていただけると嬉しいです。

iPad Proを選んだ理由

僕がiPad Proを選んだ理由としては以下になります。

  • 動画編集・画像編集
  • Apple Pencil第二世代の使用
  • プロモーションテクノロジーの体験
  • 価格

このような、理由で2018年モデルを購入しました!

これから細かく説明していきます。

 

動画編集・画像編集

動画編集・画像編集は重たい作業なので、スペックがあるものを購入したいと思いProにしました!

現在出てるiPadの中でスペックが高い物は、AirとProになるのでその中でも特にスペックが高いProを選びました。

また、パソコンだと持ち運びに不便なので、手軽に持ち運べて手軽に動画編集がしたいと思い購入しました。

iPadでも高機能なアプリがどんどん増えているので使っていきたいです。

画像編集アプリ「Affinity Photo」(2440円)
動画編集アプリ「LumaFusion」(3680円)

 

Apple pencil第二世代

動画編集や字を書いたり、お絵かきなどの細かい作業で使いたいと思い購入しました。

このように充電方法がiPadに貼り付けるだけで良いので、第一世代のApple Pencilに比べてとても楽です。

 

書き心地が滑らかで、純正メモアプリの鉛筆の書いた感じが本物にちかくて驚きました。

せっかくなので、お絵かきアプリを買ってお絵かき(模写)してみました!
最近ハマってる鬼滅の刃の胡蝶しのぶちゃんです(・∀・)

 

プロモーションテクノロジー

iPadProのみリフレッシュレートが120Hz、それ以外の機種は60Hzになっています。

リフレッシュレートが高いと、画面がヌルヌル動きます。

僕は、ゲームのベビィユーザーなので、120Hzのリフレッシュレートでゲームをプレイしてみたかったです。笑

CODモバイル
オクトパストラベラー

ちょっとやってみた感想は、ヌルヌル過ぎで驚きました。
熱くもならないのでゲームをたくさんプレイしたい人にもおすすめです。

 

価格

僕が買ったのはiPadPro256GBのWi-Fiモデル、ほぼ未使用品で税込で77000円で買いました。

待てる人は、Apple公式の整備品がおすすめです。他の機種含めて安く買えます。

こちらからAppleの整備品のサイトへ行けます。
https://www.apple.com/jp/shop/refurbished

しかし、すぐ売り切れてしまうのと僕のような待てない人は、中古ショップを回って中古を見つけるのも良いと思います。

 

今売ってる2020年の256GB、Wi-Fiモデルは税込10万5000円です。

2018年と3万円ほど違うので、この差額でApple pencilとスマートキーボードフォリオ買うことができます。

そして最近発売したiPad air4より安くて、air4の256GB、Wi-Fiモデルが税込で約8万7000円なので、1万円安く買えたのは驚きでした!

 

次に性能比較をしていきます。

 

 

iPad Pro2020年モデルとの比較

iPad Pro2020年モデルとの違いは、以下の通りです。

  • カメラ
  • チップ
  • ストレージ
  • 本体メモリ

2018年モデルと2020年モデルとの比較は色々なサイトで比較されているので今回は、軽く紹介させていただきます。

 

チップの性能や本体メモリの向上で本体の性能も上がり、ストレージも128GBから選べることにより、2018年モデルより使いやすくなりました。

 

その中でも、大きく変わったのは、カメラでiPhone11や12みたいにレンズが複数ついて画質が向上しました。

また、ライダースキャナーを搭載して、AIが物の大きさや奥行きなどを計測してくれることによって、ARアプリの開始が速くなったり、物の長さを図ることが可能になりました。

 

iPad Air4との比較

僕は、iPadPro2018年モデルとiPadAir4で迷いました。笑

大きな違いとしてはこちらになります。

  • カラー
  • チップ
  • セキュリティー
  • リフレッシュレート
  • スピーカー

以上の5つになります。

 

カラー

Proはスペースグレーとシルバーだけですが、

Air4はそれに加えて、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの5色あります。

実物を見てきましたが、個人的にグリーンとスカイブルーがかなり綺麗でかわいいのでこれだけでも買う理由になります。

グレーとシルバーは結構固いイメージなので、カジュアルにiPadを持てます。
かわいい色のiPadは、カバンに忍び込ませておくだけでもオシャレアイテムにもなります!

 

チップ

iPad Pro2018年モデルはA12XでiPad専用のチップになっており、iPad Air4はA14で最新のiPhone12にも搭載されているチップです。

大きく性能が変わるとは言えませんが、iPad Air4の方が最新のチップなので長くアップデートに対応してくると思うので長く使うことができると思います。

 

セキュリティ

iPad ProはFace ID

iPad AirはTouch ID

マスクを常にしていることが多いコロナ禍では、Touch IDの方が便利です。

個人的には寝転がってiPad使うことが多いので、画面に顔角度を合わせるのがめんどくさいのでTouch IDの方が使いやすいです。

逆に、仕事としてiPadを使いたい方には、腕をあまり動かなさなくていいFace IDの方が便利なのではないかと思います。

 

リフレッシュレート

iPad Airは60Hz

iPad proはプロモーションテクノロジーで120Hz

色んな人が比較してるので探してみるといいと思います!

120Hzはヌルヌル動きます、60Hzはちょっと引っかかりを感じました。
スロー再生でやっと違いがわかる程度です。

ゲームやお絵描きをしたい人には、差が感じられるかもしれません。

 

スピーカー

Proは4つ、Air4は2つのスピーカーになっています。

僕は、スピーカー目当てで買った訳ではないですが、買って凄さに気づきました。

音の立体感をかなり感じることができます。音楽、動画、ゲームをスピーカーでよく聞く人はおすすめです!

 

まとめ

今更iPad Pro2018年モデルを買ったのかを書いていきました!

現在出ているiPad pro2020年モデルとiPad Air4あまり変わらない性能なのに価格がかなり安くなっているところが魅力的なモデルです。

浮いたお金で、Apple Pencilやカバーなどの周辺機器に回すこともできます。

しかし、現在新品での取り扱いがないので、Apple公式サイトの整備品で買うか、中古で買うかになってしまうので、注意が必要です。

 

iPadは生活を豊かにしてくれるタブレットです。この記事を参考にしていただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました