【初心者が教える】ゲーム実況・配信の始め方、必要な機材

Youtube

こんにちはぬまです!

最近僕はゲーム実況を始めたのですが、コロナ期間で新しくゲーム実況を初めてみたいと言った方も増えてきています。

今回は、僕の初心者の視点でゲーム実況の始め方や必要な機材を紹介していきます。

 

 

ゲーム実況の種類

ゲーム実況には主に2つの実況方法があると思っていて

  • ゲーム実況
  • ライブ配信

この2パターンあります。

この2つがあるので自分には、どちらが向いてるか判断してみてくださいね!もちろん両方やるのもありです!
(むしろどっちも始めてみて合う方をやっていくのがいいと思います。)

 

実況動画

 

ゲーム実況といえばこちらを想像する方が多いと思います。
ゲーム画面を録画して、声を入れて編集をし動画サイトにアップロードするやり方です。

ゲーム, 家, ロックダウン, アペックス, プレイ ステーション, ゲーマー, コントローラ, 楽しい

メリット

  • 動画編集技術がつく
  • 余分なところをカットできる
  • 好きなゲーム・好きな時間に収録できる

 

デメリット

  • 編集に時間がかかる
  • 最初は見てくれる人はほとんどいない

 

ライブ配信

 

最近は、こちらの実況方法も増えてきていて、生配信をする実況方法です。

メリット

  • 編集する必要がないため手軽に始められる
  • 視聴者さんとリアルタイムで交流できる
  • 始めたてでも見にきてもらいやすい

 

デメリット

  • カットができないので話を続けられるスキルが必要
  • アクシデント、トラブルがあるので対処していく必要がある

 

 

ゲーム機を決めよう!

 

どの方法で実況していくか決めたら次は、やっていくゲームを決めましょう!

 

PS4

PS4はなんと言ってもシェア機能があるので、PS4一台で簡単にゲーム実況・配信ができてしまいます!

簡単な編集もPS4内でできてしまうので、予算がなくてPCが買えないという方にもおすすめできます!

Ps4, プレイ ステーション, Playstation4, Playstationスリム, 喜びパッド

人気ゲームは

  • Apex Legends(エーペックスレジェンズ)
  • FINAL FANTASY Ⅶ(ファイナルファンタジー7)
  • BIOHAZARDシリーズ(バイオハザード)
  • Detroit Become Human(デトロイトビカムヒューマン)
  • モンスターハンターワールド

などが挙げられますね!

Switchのゲームに比べるとリアクションが取りやすいゲームが多いイメージがあります。

 

Switch

 

Switchは残念ながらPS4とは違いシェア機能がないため、外部のキャプチャーボードが必要になってきます。

そのためある程度の予算が必要になってくるので注意が必要です。

任天堂はスイッチ, スイッチ, 任天堂, コンソール

人気のゲームは

  • 大乱闘スマッシュブラザーズSpecial
  • スプラトゥーン2
  • マリオカート8DX
  • あつまれどうぶつの森
  • Fortnite(フォートナイト)

挙げられます。

Switchのゲームは、大人数でワイワイプレイするゲームが多いので、視聴者さんとプレイできますね!

また、Switchはプレイ人口も多いので総数が多い=見にきてくれる確率も上がるのでおすすめです。

スマートフォン

 

スマホ配信は現在様々なアプリが出ていて、スマホ1台で配信ができてしまいます!

手軽に配信できるためまずは、スマホゲームで様子を見てみるのも良さそうですね!

女の子, 手, テキスト メッセージ, 女性, 若いです, 学校, アップル

人気のゲームは

  • 荒野行動
  • PUBG
  • モンスターストライク
  • Identity Ⅴ(第五人格)

これらのゲームが配信では人気です。

こちらも大人数で遊べたり、視聴者さんと一緒に遊べますね!

基本プレイが無料なものが多いので、気軽に始められます!

 

 

配信サイトを決めよう!

 

YouTubeやニコニコ動画などいろんな動画サイトがありますが、基本的にYouTubeでいいと思います!使っている人が多いですし、これからもどんどん伸びていくと思っています。

スマホアプリですと配信のアプリもあるのでそれらを使ってみてもいいですね!

こちらに配信アプリのまとめを書いたので確認してみてください。

 

 

必要な機材・ソフト

機材

 

最低限必要な機材としては

  • それなりのスペックのPC
  • キャプチャーボード
  • マイク

最低限これらは必要です。
(スマホ配信ならスマホ1台あればOK!)

 

PC

 

PCは配信するだけならノートパソコンでもできます!

最近のパソコンであればスペック的には大丈夫なのですが、気にして欲しいところは本体のメモリです。
最低8Gは欲しいところです。8Gでも処理落ちしてしまうことがあるためできるだけ16Gを選びましょう!

 

キャプチャーボード

 

キャプチャーボードは、ゲーム機とパソコンを繋ぐ機械で、これがないと画面を映すことができません。なので確実に必須です。

キャプチャーボードは色々あるのですが個人的には、

  • AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS
  • Elgato Game Capture HD60 S 

がおすすめです。

 

AVerMediaLive Gamer EXTREME 2 GC550 PLUSは現状で一番性能が良い製品で、4K画質や低遅延、編集ソフト付きといたせり尽せりですが値段が高いことと、Macは対応していないため注意が必要です。

Elgato Game Capture HD60 S は、Macユーザーはほぼこれ1択だと思ってくれていい商品です。
僕自身このキャプチャーボードを使用しており、遅延も少なく問題なく使うことができています!フルHDや編集ソフトが付いてないですが、配信する画質も問題なく、編集ソフトも無料のを使えば問題ありません。

 

どちらのキャプチャーボードもそこそこ高額な商品ですが、安すぎるキャプチャーボードは、接続が安定していなかったり、遅延が多かったりするのであまりお勧めはしません!

 

マイク

 

マイクは、上2つと比べると必須ではないのですが、できるだけあったほうがいいです。

PCに付いている内蔵マイクだと他の音声も拾ってしまうため、自分の声が聞こえにくかったり、他の雑音が入ってしまうので安くてもいいので持っておいたほうが良いです。

一応、僕の使っているマイクを紹介しておきますが、なんでもいいと思っています。

 

ソフト

 

必要なシフトとしては、

  • 録画ソフト
  • 編集ソフト
  • 配信ソフト

があります。

 

録画ソフトは、画面を録画したり、声を同時に入れたりしています。

僕は、Elgato Game Capture HD60 S のキャプチャーボードを使っているのですが、このキャプチャーボードには録画ソフトが無料でダウンロードできるのでそれを使って動画を録画しています。
音声も一緒に取れるのですが、別撮りにしたいと思ってQuickTime Playerで声を撮っています。

 

編集ソフトは、動画を編集するのに使います。

無料で使えるソフトでお勧めなのは

  • iMovie
  • AviUtl
  • DaVinci Resolve 

がお勧めです!

使いやすや的にはiMovieで、直感的に作業ができます。
AviUtlとDaVinci Resolve は無料版でできることがかなり多いのですが、操作が複雑で最初の方はカット作業すら難しいです。
実況者はAviUtlを使っている印象です。

 

有料では

  • Adobe Premiere Pro
  • Final Cut Pro
  • Power Director

がお勧めです!

Adobe Premiere Proは動画編集者のプロの人も使ってるソフトで、使いこなせるようになるとなんでもできるようになります。しかし、値段が月額3000円ほどかかるので注意が必要です。しかし最初の30日間は無料で使えるので試してみてはいかがでしょうか!

Final Cut ProはMacのみで使えるソフトでは最高位の動画編集ソフトです。
買い切り版であるため継続して買い続ける必要がないのが良い点です。

Power Directorは家電量販店でも売られている編集ソフトで、扱いやすいのが特徴です。値段も上2つに比べると安めなので、始めて有料ソフトを使いたいけど、どれを使えばいいのかわからないという方にはお勧めです!

 

配信ソフトでは、OBSがお勧めです!

配信者のほとんどが使っており、調べやすいということもあるので、始めて行う場合は、こちらのソフトでいいと思います!

 

 

注意したいこと

配信・実況ゲームの著作権を確認しよう

 

ゲーム画面を無断であげたりするのは、原則禁止されてる行為です。

これだけ聞くと「え、いろんな実況者さんゲームあげてるしいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、原則動画あげてはダメなのです!

「ダメ」のポーズをする人のイラスト(女性)

しかし、ゲーム会社によっては、ガイドラインに従えば実況・配信ができるのです!

例えば任天堂のガイドラインでは、ガイドラインに従えば著作権侵害を主張しませんと書かれているため実況・配信ができるのです。

ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン|任天堂
ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドラインをご案内します。

 

そのため、しっかりこのゲームが配信していいのかをちゃんと調べてから実況するようにして下さい。
特に動画があまり出ていないゲームは禁止されてる可能性があるため注意しましょう。

 

 

ゆっくりボイス実況は編集が大変

 

ゲーム実況動画を見ていると機械音声を使った実況動画を見てこんな感じに作ってみたいと思う方がいたらやめといた方がいいです。

理由としては編集が大変すぎるからです。

話す台本作りから作らなくてはいけないので時間がかかりますし、最初は動画を出してもあまり再生されないこともあり挫折してしまう可能性が高いからです。

コンピュータ, Macbook, タブレット, 編集, 画像

まずは、自分の声入りでも声なしでもいいので、動画編集に慣れることから始めるのが良いです。

質より量を出しましょう!

 

 

まとめ

 

今回は、ゲーム実況・配信の始め方をざっくりと解説していきました。

細かいことは、今後説明をもっと増やしていきたいと思いますが、大きな流れくらいは分かってくれたのではないでしょうか。

ゲーム実況、配信は最初は緊張したりクオリティが低かったりしますが、それでもどんどん出していくことが大切です!

実況・配信をしてさらにゲーム生活をエンジョイしましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました