【コトダマン】最重要文字!?初心者は「い」や「う」の使い方を覚えよう!

ゲーム

こんにちは!ぬまです!今回はコトダマンについて書いていきます!

コトダマンを始めたばかりの人は、なかなかコンボが繋がらないな〜とか4字が作れないと思う人がいると思います。(僕もそうでした…)

そんな中でおすすめしたいのは、デッキに「い」や「う」を多く入れることです!

これから「い」や「う」を使った文字の作り方などを説明したいと思います!

  

初心者の方は、序盤の進め方も解説しているので参考にしてみてください!

 

「い」や「う」の基本形を覚えよう!

 

「い」や「う」は基本的につなぎ文字として使っていきます!

例えば

  • ◯い◯い
  • ◯う◯う
  • ◯い◯う
  • ◯う◯い

このように、◯の部分に文字を入れてその後ろに「い」や「う」を入れます!

そうすることで、4文字を簡単に作ることができます!

 

この後は、「い」軸、「う」軸について解説していきます!

「い」軸、「う」軸とは、「い」軸の場合は「い」を多く入れ(3〜4体くらい)、いにつながりやすい文字を入れます!
「う」軸の場合は「う」を多く入れ、うにつながりやすい文字を入れることです!

 

 

「い」軸について解説!おすすめ文字

「い」軸のつながりやすい文字

「い」のつながりやすい文字は、あ行え行が組み合わせやすいです!

その中でも特につかやすい文字は、

 

」、「」、「」、「」、「」、「」、「

 

が個人的に使いやすいと思います!

最初は、「い」を4文字くらい入れて、上の文字で組んでみるとコンボを繋げやすいと思います!

 

 

「い」軸の強いところ

 

僕が思う「い」軸の強い点は

  • 繋ぎやすい文字が多い
  • 頭文字にも使いやすい
  • コンボが繋ぎやすい
  • 「いい」のようにいを繋げられる

だと思います!

特に繋ぎ文字が多い点では、初心者でも組みやすいです!

 

 

「い」軸の弱い点

 

「い」軸の弱い点としては、

  • 5文字が繋げにくい
  • うの方が繋げやすいクエストがある

が挙げられます。

「う」と比べると圧倒的に5文字が作りにくい点です。

特に高難度では、5文字弱点の敵がいたりするので、文字を覚える必要があります!

 

 

「う」軸について解説!おすすめ文字

「う」軸のつながりやすい文字

「う」は、お行と「ゃ」、「ゅ」、「ょ」を組み合わせたい行です!

特に使いやすい文字は、

」、「」、「」、「」、「」、「

です!

その中でも、「こ」と「し」と「よ」はかなり繋げやすいので、迷ったらとりあえずいれておきましょう!

 

 

「う」軸の強い点

 

「う」軸の強い点はこちらになります!

  • 5文字が作りやすい
  • 繋げやすいクエストが多い
  • 「う」に強いキャラが多い

「う」軸の強みは、「しょう」、「しゅう」などといった言葉と組み合わせると5文字が非常に作りやすいことです!
5文字作りたい人には「う」軸で固めたデッキがおすすめです!

また、リセマラ上位キャラの『シンジツ』や『ニューワード』が「う」を所持しているのでリセマラゲットできたなら、序盤はとりあえず入れておくのもありです!

「う」軸の弱い点

「う」の弱い点はこちらになります!

  • 繋げられる文字が少ない
  • 小文字を入れるとでデッキを圧迫される

う軸は繋ぎやすい文字が少なく、5文字を作りたい場合、小文字を入れたりするので、デッキを組みにくいと思います。文字数が少ない序盤だと、い軸の方が使いやすいかもしれませんね!

 

 

「い」や「う」に似ている「ん」について解説

 

繋ぎ文字は「い」や「う」以外にもあります!

それが、「」です!

「ん」は完全に繋ぎ文字です。

ですが、どの文字にも繋げられ、特に「い行」との相性がとてもいいです!!
(しん、きんなど)

 

しかし、頭文字にはほとんどならないため、コンボがあんまり伸びないのが弱点でもあります。

 

い軸やう軸のデッキに1.2体入れておくとバランスよく文字を繋げられるかと思います!

 

 

まとめ

今回は、コトダマンの「い」軸、「う」軸について解説してみました!

 

最初は、これらの文字を多く入れることを意識してデッキを組むことで、簡単に4文字や5文字を組むことができます!

うまく文字が繋げられない人がいればぜひこの記事を参考にしてみてください!

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム攻略・裏技へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました